町を捨てよゲームをしよう

ADV好きのゆみぞうによる独断と偏見のゲームレビュー。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author : スポンサードリンク

2005.01.05 Wednesday : - : - : -

【PS2】ボクと魔王

amazonで購入情報を見る
■おススメ度 ★★★☆☆ 
■プレイ評価額 2500円〜3500円
■プレイ日数 1ヶ月  
※あくまでもゆみぞう個人のプレイ日数や評価です。

【↑GOOD POINT↑】
タイムボカンを彷彿とさせるおマヌな悪役と、
影の薄い主人公がおりなすドタバタ珍道中。

この「ボクと魔王」、CMでも紹介されているように主人公がかなり地味。変わって脇役のキャラが濃い。タイムボカンシリーズのような「マヌケな悪の手先」が大好きな私としては、なかなかそそられるキャラが目白押しだ。こういう場合、キャラの個性に頼って作り手の思い込みだけでなんだかよくわからないまま終わるということがあるが、キャラが濃いわりにはストリーが冷静に進んでいくので、なかなか楽しめる。ここでストーリーを紹介するなんて無粋なことはしたくないので、イメージとして「シニカルな大人の絵本」と表現するにとどめたい。


しかし、敵なんだか味方なんだか、利口なのかバカなのかわからないという、おマヌケな魔王はどこかで見たことがある。そう、それは「ポポロクロイス物語」のガミガミ魔王である。で、クレジットを見たら納得。エグゼクティブプロデューサーが同じ山元哲治さんだったのだ。実は私は10年ほど前にこの人の会社にいたりして(笑)。ま、本人はすっかり忘れていると思うけど。


閑話休題。ファンタジックな絵柄に反して、かなりシニカルな会話が多く、個人的にはかなり好み。あと、魔王が時々主人公にしてくる質問があるのだが、それが「8時だよ全員集合」の掛け声だったり(おぃーっす!ってヤツ)、燃える闘魂のアレだったり、作り手が楽しんでいるのが伝わってくる。パーティーのメンバーが漠然と世界を背中にしょって悪に立ち向かうのではなく、それぞれのキャラが自分なりの理由(しかもかなり自分本位の)があって戦っているのがいい。スクウェアのゲームにありがちな忠臣蔵もどきの話は正直うんざりなのだ。


【↑GOOD POINT↑】
ダンジョンの入り口に回復&セーブポイント
があり、戦闘も簡単で初心者でも楽しめる。

あとダンジョンの入り口に必ず回復&セーブポイントがあるため、ダンジョンと宿屋を往復する手間もなく、経験値稼ぎがかなりラク。さらに、1レベルあたりに必要な経験値がドラクエなんかと比べると驚くほど少ないので、あっという間にレベルがあがるのでモノ足りない、という人もいるかもしれない。謎解きについても同様。自分でじっくり考えれば必ずなんとかなる。


そういう点では、最近には珍しく攻略本ナシでクリアできるゲームのひとつ。かなりサクサク話が進むので、せっかちな人にはぴったりのRPGといえる。

author : ゆみぞう&みず隊員

2001.01.23 Tuesday 16:39 : 評価 ★★★☆☆ : comments(0) : trackbacks(2)

スポンサーサイト

author : スポンサードリンク

2005.01.05 Wednesday 16:39 : - : - : -

comment









trackback URL

http://gamereview.jugem.cc/trackback/13

thank you trackback!

bartender barcode software

【PS2】ボクと魔王

bartender barcode software - 2007/03/24 3:32 PM

「ヤッターマン」「ガッチャマン」の実写映画化に疑問の転職中年

「ヤッターマン」「ガッチャマン」が実写映画化されるんだって・・・ドンぴしゃの世代じゃないけど、それなりに楽しませて貰ったアニメ作品だインデックス・ホールディングス子会社になっちゃったら、往年の日活の影も形もありゃしないね「ヤッターマン」と「科...

転職したくない窓際中年のリストラ対策 - 2007/04/11 11:50 PM

powerd by JUGEM
Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved. : RSS1.0 : Atom0.3 : top