町を捨てよゲームをしよう

ADV好きのゆみぞうによる独断と偏見のゲームレビュー。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author : スポンサードリンク

2005.01.05 Wednesday : - : - : -

【64】【CG】どうぶつの森

amazonで購入情報を見る(64)
amazonで購入情報を見る(GC)
■おススメ度 ★★★★★ (・e・)プラチナ殿堂認定☆ 
■プレイ評価額 5000円〜8000円
■プレイ日数 5ヶ月  
※あくまでもゆみぞう個人のプレイ日数や評価です。

最近のゲームって、アドベンチャー、RPGのジャンルを問わず、ソフト会社の「作品」って気がするんです。「一流シェフの作ったレトルト食品」を食べるようなものだから、どんな人が作っても確かにおいしいし、ハズレはない。でも完成品だから、エンドユーザーに残された余地は消化するのみ。確かにおいしいしインパクトがあるから「スゴイ」って思うんだけど、何度食べても同じ味だから、最初のひと口目に山場を迎えて後はじわじわ下り坂になっちゃうんだよね。


そういう意味では「どうぶつの森」は、未完成。プレイヤーが調理して初めて完成するゲームなんです。最初のうちはワケがわからないんだけど、プレイしていくうちに自分なりの楽しみ方が見えてくる。 「凄いゲーム」と「いいゲーム」ってのは似て非なるものなんです。「こんな抽象的な表現じゃわからん。詳しい内容を知りたい」という方は任天堂の公式HPの紹介でどうぞ。ここで書くと話が長くなっちゃうからね。


【↑GOOD POINT↑】
デティールの細かさに思わず感激

「架空の村の住人としての暮らしを楽しむ」というのがこのゲームの基本。村にも現実と同じ時間が流れていて、当然、朝・昼・晩、春夏秋冬、さらに晴、雨、雪などの天候も存在します。で、そのデティールがものすごく細かくてしっかりしているからファンタジックなんだけど不思議にリアリティがある。たとえば雨の日になると、村のみんながちゃんと傘をさしてて、傘をまわすと雨粒がとんだりするし。もちろん虫や魚も季節によって違う。住人たちもちゃーんと時間に合った話しをするし、時報がわりのチャイムも鳴るし、ゴミ捨て場にはちゃんと収集日も決まってる。もう、ニクイくらいよくできてるんです。おまけに、季節ごとのイベント(春=お花見、夏=ラジオ体操など)もあるみたいだし、週の決まった曜日にしか現れない特殊なキャラクターもいる。


この他にもちっちゃいイベントがいっぱいちりばめられていて、毎日必ず何か違った発見がある。プレイすればするほど、じわじわ楽しさが増してくるんですよ。作品化したゲームって、作り手の「どうだ!オレたちって凄いだろ!」っていう意気込みは伝わるんだけど、プレイヤーへの愛が伝わってこない。その点「どうぶつの森」は「MOTHER」や「MOON」同様、作り手のプレイヤーに対する愛情が、ものすごく伝わってくるゲームですよコレは。ネタバレになっちゃって申し訳ないんだけど、プレイ中リセットボタンを押した瞬間に、この「愛」を感じましたね。「ああっ!もうっ!5つ星決定!」って思っちゃいました(笑)。何が起こるかは、実際にやってみてからのお楽しみ、ということで。


「どうぶつ」「森」というキーワードから、「シルバニアファミリー」みたいなファンシー系を想像する人も多いと思うけど、それは大間違い。このどうぶつは、久保キリコの「バケツでごはん」のソレですよ。下世話で勝手ですごく人間くさい。おすぎとピーコのピーコみたいなファッションチェックするヤツとかいるし。結構生意気なこといいやがるんで、持ってる斧で「天誅!」とかやってみたら、見た目は斧で攻撃してるんだけど、単に話し掛けた行動になっちゃって「アラ、ゆみぞうちゃん。アタシに何か用?」とか言われたりして(笑)。まあ、あたりまえですけどね。ファンシー系の「媚びたかわいさ」をもっとも苦手とするゆみぞうが楽しめてるくらいなんで、その辺はご心配なく。


【↑GOOD POINT↑】
ソフトによって地形も住人も違うから、やっぱりおすすめは同胞パック。

で、ここまで読んで「買ってみようかな?」と思った方はぜひ、コントローラーパック同封の方を買いましょう。実はこのゲーム、ソフトによって住人や店で売っているモノ、採れる果実や魚、オマケのファミコンゲームが違うんです。で、自分と違う種類のソフトを持った人のところへおでかけすると、いろんなことができるらしいんですよ。でもコントローラーパックがないとお出かけできないんで、同胞パックをお勧めしているわけです。そして買った方はぜひ、ご連絡を。「アンタってトモダチいないの?お出かけさせてよー」と住人に罵倒され続けているもので(笑)。

author : ゆみぞう&みず隊員

2004.03.18 Thursday 20:36 : 評価 ★★★★★ : comments(0) : trackbacks(0)

スポンサーサイト

author : スポンサードリンク

2005.01.05 Wednesday 20:36 : - : - : -

comment









trackback URL

http://gamereview.jugem.cc/trackback/18

thank you trackback!

powerd by JUGEM
Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved. : RSS1.0 : Atom0.3 : top