町を捨てよゲームをしよう

ADV好きのゆみぞうによる独断と偏見のゲームレビュー。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author : スポンサードリンク

2005.01.05 Wednesday : - : - : -

【PS2】チュウリップ

amazonで購入情報を見る
■おススメ度 ★★★★★ (・e・)プラチナ殿堂認定☆
■プレイ評価額 5000円〜8000円
■プレイ日数 1〜2ヶ月  
※あくまでもゆみぞう個人のプレイ日数や評価です。

きたきたきたきた〜っ!待望の「スタジオパンチライン」の新作“チュウリップ”。「MOON」から待つこと6作目にして、ようやく“ツボにグッとくる”のができた感じ。
「エンドネシア」のレビューでも書いたけど、ラブデリックから別れた「ヴァンプール」と「スキップ」。で、スタジオパンチラインは、スキップの開発チームのひとつらしい(この辺りの話はややこしいのでこちらを参照)。


ま、それは別にどうでも良いんですが、「MOON」以後に元ヴァンプール関連チームから出たゲームは、ひと通りやってるんだけど(「LOL」だけはDC持ってなくてできなかった)、いつも「う〜ん」って感じがぬぐえなかった。着眼点やキャラクターは独特でどの作品も良いんだけど、操作性とかシステムといった“見えない部分にどこかしらストレスを感じる”ところが正直あったんですよ。キツイ言い方をすると、独自の世界観に頼りすぎて(プレイヤーの)見えないストレスをないがしろにしている、というかね。まぁ、「ラブデリ好きじゃないとキツイよなぁコレ」と思うところが結構あったんですよ。


今回の「チュウリップ」はそういうところをちゃんと解消してくれているので、ラブデリへの贔屓目なしにオススメできる作品といっても良いと思います。


【↑GOOD POINT↑】
かなり変なのにどこか懐かしい鶴亀町の人々。
“子供の感覚でとらえた日常をそのまま再現”した不思議な世界

「チュウリップ」をプレイしてからずーっと感じていた“奇妙な懐かしさ”。「これは一体なんだ?」ってすごく気になってたんだけど、ディレクター木村祥朗さんのGpara.comのインタビューにあった“ヴァーチャル近所”って言葉で納得できた。「あ、そっか、コレは子供の頃に私が見ていた世界なんだ」って。


子供の感覚ってすごく大雑把で、いろんなことをデフォルメ化するでしょう?例えば子供に、近所の“ヒゲの生えたおじさん”を描かせると“ヒゲの中に顔が生えてる”ような絵になったり。そんな風に、感覚を増幅して印象づけるところってあると思うんです。だから「チュウリップ」に登場する人物はみんなどこかヘンで懐かしい。そう、子供の感覚でとらえた日常をそのまんま再現した世界。それが「チュウリップ」の世界なのです。


【↑GOOD POINT↑】
赤塚不二夫の世界を彷彿とさせる、強烈で妙なキャラクター

ディレクターの木村さんと私は奇しくも同じ世代なんだけど、この世代ってものすごくテレビの影響が大きいんですよ。ゲームと同じ2次元のアニメに特化しても、「タイムボカン」「ハクション大魔王」をはじめとするタツノコアニメ、「21エモン」「オバケのQ太郎」の藤子不二雄、「おそ松くん」「天才バカボン」の赤塚不二夫、「はじめ人間ギャートルズ」の園山俊二、あとは大御所、手塚治虫などなど。そういうものにインスパイアされた世代の人が作ったゲームに対する嗅覚は結構自信ありなんです、ワタクシ(笑)。特に「チュウリップ」は赤塚不二夫の世界に近いものがある気がします。


それは決して真似してるとかそういうことではなく、ベースに流れる“臭い”みたいなものに共通する点があるということ。どう考えてもありえないだろ!というアクの強いキャラ(特に「地タマ中学校」の先生方)なんかはまさにそう。でも、「ああ、そういう人ね」と妙に納得してしまうあたり、赤塚キャラに共通するものがある気が。だって、頭に旗を差してるハタ坊の「旗を取ったら傷口から血が出のか?」とか考えたことなかったし、デカパンさんは年がら年中デカパン一丁で暮らしてるけど、「なんで風邪をひかないんだろう?」とか思ったことなかったもの。“そういうもんだ”って思っていたから。そういう意味では、上記のアニメに影響を受けた人、あるいは「ウゴウゴルーガ」好きには、まさにツボにハマるゲームといっていいんじゃないでしょうか。


【↑GOOD POINT↑】
取り扱い説明書からオリジナルサウンドトラックまで、
とことん世界観にこだわったアイテムの数々に感激!

あっ、全然ゲームのシステムについて説明してないや(笑)。えーと、どんなゲームなのかっていうとこんなゲームです(←超手抜き)。だって、この手の解説ってもう出回ってるからあえて書いてもしょうがないもんね。ということで、最後はゲーム関連アイテムの話。


エンドネシアでもそうだったんだけど、取り扱い説明書がとにかく凝ってるのよ。ジャポニカ学習帳風なんだけど、もう手ざわりから何から完璧!おまけにゲームの重要な鍵を握る「地タマ中学校」の校歌も載ってるし。プレイしてこのゲームが気に入った方はこちらのサントラもぜひ!もちろん、ゆみぞうは既に購入済み。とにかくいいです。これまたジャケットから何から凝ってます。


スタジオパンチラインによる「チュウリップ」公式ページ
壁紙やBBS、幻のCMなどファン必見のサイトですよ。

author : ゆみぞう&みず隊員

2002.12.25 Wednesday 11:30 : 評価 ★★★★★ : comments(0) : trackbacks(2)

スポンサーサイト

author : スポンサードリンク

2005.01.05 Wednesday 11:30 : - : - : -

comment









trackback URL

http://gamereview.jugem.cc/trackback/37

thank you trackback!

thermal barcode

【PS2】チュウリップ

thermal barcode - 2007/03/24 10:38 AM

abiti da sposa la

【PS2】チュウリップ

abiti da sposa la - 2007/04/29 4:17 AM

powerd by JUGEM
Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved. : RSS1.0 : Atom0.3 : top